肥満、デブ化の元、消化不良が起こる原因とは?

消化不良という言葉。日常生活の中でも耳にしたことのある人は多いと思います。
消化不良は現代の食生活では慢性的に起こりやすいと言われていて、その症状としてはひどい肩こり、体のだるさ、頭痛にめまいと非常に多くの症状があげられます。
では、人体に様々な影響を及ぼすこの消化不良はなぜ起きるのか。
その原因をまとめてみました。

 

消化不良の原因まとめ

消化不良の原因
まず初めに、消化不良が起きると身体の中にはどのような影響が起きているのか気になりますよね。
消化不良を起こすと栄養の吸収が正常に行われなくなり、腸内にかなりの有害物質が溜まります。

 

これはもちろん栄養と一緒に吸収され、血液に混じって体中へと運ばれます。
そうすると、その有害物質は免疫系にダメージを与え様々な不調を起こすと考えられています。

 

それでは、何故消化不良を起こしてしまうのか。
9つの原因をあげてみました。

 

  1. 食生活が加熱食が割合を占め、生野菜と生肉がない。コンビニが多い。
  2. 夜遅くの食事。食後すぐの就寝
  3. 毎回の食事量が多い
  4. しっかりとした朝食。パンやご飯などの固形物に卵。それにウィンナーなど。
  5. スナック菓子や菓子パンなどの甘いものの食べすぎ
  6. マーガリンや、揚げ物などの取りすぎ
  7. 動物性たんぱく質(肉、魚)、卵や牛乳などをよく食べる
  8. アルコール、喫煙などの習慣がある
  9. ストレスによる身体や心の疲れ

 

などの原因があげられます。
栄養を分解する「消化酵素」には限りがあります。加熱食品は消化酵素を大量に消費し、代謝酵素が少なくなってしまうのであまり身体にいいものではありません。

 

その点、生野菜や海藻といったローフードには消化酵素が多く含まれているので酵素を有効に活用することができます。
また、本来朝食をとる時間は排泄を行う時間なので身体が摂取する状態には適していないのです。

 

 

先ほど述べたように、消化不良は人体に沢山の悪影響を及ぼします。

これは体調の不良だけにとどまらず、実は肌荒れの原因にも。体内の毒素は完全に処理しきれず、結果として毛穴を通して体外に追い出そうとします。

 

この時に毛穴はダメージを受け、ニキビができやすくなるのです。

 

ちょっと身体がだるいし、最近ニキビができやすいかも・・」という人は、もしかすると消化不良が原因かもしれません。

 

上記に心当たりはありませんか?

 

しかし、消化不良も原因がわかれば事前に予防できるものばかりです。

 

これからの美容と健康のためにも、まずは食生活から心がけましょう。