脂肪分解酵素リパーゼの働き

ダイエットをするにあたって味方につけておくべき酵素があるのをご存知ですか?
どんな時でも綺麗でいたい・・!と願う女の子の強い味方「リパーゼ」です。
実は、このリパーゼを活性化させ、効率よくリパーゼを使うことができれば大幅な減量も夢じゃないんです・・・!
それでは「リパーゼ」とはどのような働きをしているのでしょうか?

 

この脂肪分解酵素「リパーゼ」は脂肪細胞が持つ中性脂肪をエネルギーとして代謝する役割を持っています。

 

リパーゼの具体的働き

リパーゼの働き
生物反応工学グループ(田谷研究室)
具体的にどのような働きをしているかというと、
運動を始めることにより血液中のエネルギーが消化。

 

→筋グリコーゲン、肝臓グリコーゲンの使用
→そしてそれを20分間継続することで初めて脂肪分解酵素「リパーゼ」により、分解された体脂肪が血液によって筋肉に運ばれエネルギーとして消化される
というのが一連の流れです。

 

一例として、少し前の話になりますがとある俳優さんが主演映画のために減量したという話を聞きました。
その方法というのが腹筋&背筋を30分やり続ける筋肉トレーニング。

 

1日1200kcalに抑える食事制限。食べ物は基本鶏のささみとサラダのみ。
これぞまさに「リパーゼ」を最大限にいかした減量法!と言っても過言ではありません。

 

ささみは言わずと知れた低カロリーでアミノ酸スコアが高い食品です。
そして「リパーゼ」というのは低血糖値の時に分泌される「グルカゴン」というホルモンを主にエネルギー源とするので、食事制限をしながらの運動は効果的と言えます。
その主演映画というのもボクシングを題材としたものだったので、トレーニングもハードなものだったのではないでしょうか。

 

しかし、これはあくまで専属トレーナーのもと身体をしぼることだけに専念できる俳優の彼だからこそできるもので、あまりおすすめはできませんので決して真似はしないで下さい。

 

リパーゼを活性化させるには?

よく運動しながらのダイエットでは「まず脂肪を筋肉へ変えることによって、その筋肉が体内の脂肪を燃焼し始める」という話を聞きますよね。

 

綿密に言うと筋肉へ脂肪が変わるわけではないのですが、ようするに「筋肉が体内の貯蔵脂肪を燃焼させる」その役割を果たすのがこの「リパーゼ」となるわけです。
そして「リパーゼ」を活性化させることによって効率よく脂肪を燃焼させることができ、その分ダイエットの効率性もあがるということにもなります。

 

このことからわかるように「リパーゼ」はダイエットをするにあたって、何よりも大事な成分なのです。