タンパク質を分解する酵素の種類

私たちは「タンパク質」をどこからどのようにして調達しているのか。
大半の人は「タンパク質の豊富なものを食べればいいんじゃないの?」と思うかもしれません。

 

しかし、実は「タンパク質というのは摂取してもそのまま吸収されるわけではないのです。
では、どのようにして吸収していくのか。今回はその疑問について説明したいと思います。

 

まず、「タンパク質はどうやって吸収されるのか」。
私たちが普段外から体内に取り入れているタンパク質というのは、人間のタンパク質とは質が違うので直接体内に吸収することができません。
しかし、ある酵素によってそれらのタンパク質をいったん分解し、吸収しやすいタンパク質へと変換します。

 

この酵素こそが、炭水化物分解酵素や脂肪分解酵素と並ぶ消化酵素であるタンパク質分解酵素、別名を「プロテアーゼ」と呼びます。
タンパク質 分解酵素

プロテアーゼとは?

「プロテアーゼ」は、胃やすい臓といった風にその箇所によってその役割を果たそうとするので、数えきれないほど存在します。
では、そのタンパク質分解酵素「プロテアーゼ」がどのように分解吸収するか見てみましょう。

 

まず初めに、口から取り入れたタンパク質というのは胃から作られる胃液によって消化されます。
この時、消化酵素は「ペプシン」を使います。

 

消化酵素「トリプシン」とは?

次にすい臓からつくられるすい液によって消化。
消化酵素は「トリプシン」。

 

更に小腸内壁から分泌される消化液によって消化。消化酵素は問われません。
最終的には「タンパク質」は「アミノ酸」へと変換され、小腸の柔毛の毛細血管から吸収され、肝臓に貯蓄されます。
この「ペプシン」や「トリプシン」といった消化酵素こそが「プロテアーゼ」なのです。

 

そしてその性質上各々の役割が違い、どれか一つ欠けても健康に害を及ぼすことになるほど消化器機としては重要な位置を占めている物質と言えます。

 

「プロテアーゼ」とは、「タンパク質」を分解するための触媒となる酵素の総称で、健康的は生活にはかかせない成分です。

 

ですが、いったん作ったタンパクでも役目を果たしたら消えてもらわなければいけないものもでてきます。
例えば骨をつくるタンパク(コラーゲン)が分解されなければ私たちは一生成長できませんし、血糖低下作用をもったタンパク(インスリン)がいつまでも体内に留まっていたらすぐに低血糖になって倒れてしまいます。

 

タンパク質を分解するという過程は、合成するのと同様に生命にとって非常に重要な作用であるということを忘れないでください。